PIRAQUA hero

PIRAQUA

北海道発をユニークに表現したネーミングとパッケージデザイン

PIRAQUA

北海道の素材を生かした健康食品ブランド

北海道の素材を生かした健康食品ブランド
レッドホースウェルネス株式会社は、2013年より北海道の素材を生かした健康食品ブランド “Essence of North”を展開しています。2016年このシリーズの第3弾として、女性を中心に話題になっているアンチエイジング効果のある水素水に着目し、「環境庁 名水百選」に選ばれた北海道羊蹄山の湧水を使用した水素水を商品化することを決定しました。
ランドーは“Essence of North”のネーミング及びビジュアルアイデンティティ開発を行った経緯から、この水素水のネーミング開発とパッケージデザインが依頼されました。

差別化ポイントをいかに表現するか

このカテゴリーでは後発であるというハードルをいかにクリアするか。競合商品との最大の差別化ポイントである「飲む直前に粉末状の水素を水と混合させる」という新システムと、濃度の高い水素水を摂取することによるベネフィットを、ブランドを構成するネーミングやパッケージで消費者に直感的に訴求することが求められました。特にパッケージデザインでは、蓋をまわした時に粉末状の水素が落ちていく様子を視覚的に訴求することが課題となりました。

アジアで認められたパッケージデザイン

「北海道の名水を使用していること。できたての水素水が飲めることにより、効果的なアンチエイジングが得られること」に着目し、ネーミングについては、Pirika (アイヌ語で良い、美しいという意味)+Aqua(水)からなる造語“PIRAQUA”(ピラクア)が採用されました。
デザインもネーミングの由来である「美しい」「水」をテーマに、羊蹄山に降り積もった雪が地下へと浸透し、透明な水として湧き出てくる様子をボトル上部から下部にかけてのグラデーションにより表現しました。
ローンチ後は自然派志向のコンビニエンスストアや高級スーパーマーケットを中心に販売され、話題性のある商品として複数の女性誌に掲載されました。またアジアの優れたパッケージを紹介するサイトSPIKES Asiaにも取り上げられています。