小田急グループ hero

小田急グループ

広く発展し続けるグループのブランディング

Odakyu

事業の拡張による大きな課題

鉄道をはじめ、運輸・流通・不動産と様々な分野で事業を展開する小田急グループ。さらなるグループの発展をはかるため、事業ビジョン「Value Up 小田急」によってグループ各事業が担うべき役割、成長を志向する事業領域を明確に策定しました。しかしグループ各社に一体感は感じられず、顧客には事業領域の広さを伝えきれずにいました。

全社の旗印となるアイデンティティを

100社を超える様々な分野の小田急グループ各社の旗印となり、全てのグループ社員の共感が得られ、顧客にとってはグループの提供価値である「安全・便利・快適を基本に、お客さまに一つでも多くの上質と感動を提供すること」を伝えることができるブランドのコンセプト、アイデンティティが求められました。

Odakyu

価値観と姿勢を集約したシンボル

各種インタビュー、従業員ワークショップなどを通じて、小田急グループのブランド価値を「自然・歴史・都市文化の新しい融合」とし、ブランドが大切にすべき価値観を「真摯・進取・機知・融和」の4つのキーワードに集約しました。これからのグループの姿勢を「躍動感」「先進性」「お客さまとのつながり」と捉え、その視覚表現として、Odakyu の頭文字である「O」をダイミックにデザイン。現在、鉄道をはじめ運輸・流通・不動産の様々な事業分野で、グループのシンボルとしてのデザイン展開が進行中です。