モルテン hero

モルテン

多角化する事業を包括し、さらなる成長を加速させるアイデンティティ

Molten

我々は何者であるか?

1958年広島にて創業したモルテンは、独自の製造技術により、競技用ボール、ホイッスル、自動車のアンダーカバーやブッシュ、床ずれ防止用エアマットレス、手すりなどの製品を世の中に送り出してきました。
近年、多角化したそれぞれの事業は戦略を共有し、技術をクロスオーバーさせることで、新たな製品の研究開発に取り組んできましたが、企業ブランドモルテンのアイデンティティには、明確な定義がされていませんでした。
我々は何者であるのか?将来はどんな風になりたいのか?そうした主張や願望をわかりやすい形で表現し、社内外に共有する必要がありました。

Molten_4

モルテンイズムの継承と進化

マネジメントインタビューを通じて、モルテンの創業から現在までに至るまでの多くの魅力的なエピソードが明らかになりました。また従業員ワークショップではそれぞれの事業部がコーポレートブランドモルテンの未来に向けて、期待と情熱を持って主体的に動いているという姿が明らかになりました。
モルテンイズムを継承していきながらも、さらに今後大きく進化していくためにブランドの価値基準が定められていきました。

Molten_3

Moving with Possibilities.

経営理念である「世の中をよりよい場所にする」を実現するために、ランドーは、モルテンが行うことのすことのすべての中心となっている考えを「動く」ことであると定義しました。
その考えに基づいて、モルテンはスポーツにおけるより高いパフォーマンス、より高性能な自動車技術、より高い生命の尊厳を追い求め続けます。モルテンは、人の和の尊重と技術革新の追究により、高付加価値を世の中へ提供するために、動き続けてきました。これからも、人々が一歩前へと動くための製品を提供し、世の中をより良い場所にすることを目指していきます。全ての人々の可能性と共に動き続ける。

Molten. Moving with Possibilities.

モルテン ブランドムービー2015