Jameson hero

Jameson

革新的なRTD製品をアイディアから商品化する

shutterstock_263259824

変革の機は熟した

Jamesonアイリッシュ・ウィスキーの親ブランドであるペルノ・リカールは、ダークスピリッツRTD市場にチャンスを見出しました。現代的な男性はビールに代わる大人っぽい選択肢を求めていました。ダークスピリッツRTDは伝統的にはマッチョさ、未成熟さ、解放感にアピールするものでした。

現代的な男性にアピールする

ランドー・ノースアンドサウスは独自のイノベーションプロセスを用いて、カテゴリーの動向とベンチマークブランドを調査し、市場機会を把握し、定義しました。Jamesonの高級ウィスキーというイメージは、ビールに代わるハイエンドな選択肢を生み出す土台となっていました。またアイルランド原産であるということが、ブランドに社交性とアイリッシュ気質を与えていました。このRTDカテゴリーを進化させることにより、Jamesonは凡庸な主流製品群から突出することができると考えられました。

shutterstock_93996775

未開拓のマーケットポジションを見つける

オーストラリアの若い飲酒者と議論を重ねることにより、Jamesonが最高の形でRTDカテゴリーに革新的な参入を果たすにはどうすればよいかが検討されました。調査によって明らかになったのは、安価なRTDと高級ウィスキーとの間にギャップがあることでした。

Citroen Infographic

プレミックスの人格を組み立てる

ワークショップにより、Jamesonプレミックスのコンセプトの方向性がいくつか見えてきました。Rebel(反逆者)、Trinity(バランスのとれた)、Traveller(旅人)です。それぞれの人格のプロトタイプとして、ボトルをデザインし、コピーを書き、フレイバーを想像してみました。消費者と議論し、共同でコンセプトを発展させた結果、勝者が明確になりました。Trinityです。

Jameson-sketches-2

ボトルは手に取るブランド

Jameson RTDボトルの構造デザインにおいて、ランドーは伝統と現代を融合させました。Jamesonの紋章、ボトルの形状、星など、伝統的なアイリッシュ・ウィスキーの要素を取り入れる一方で、モダンなビール風のミニマルなラベルやグリーンのガラスを融合させました。

Jameson-CAD-2

カテゴリーを一新する

Jamesonプレミックスはペルノ・リカール史上最も成功したRTD上市となりました。テストでは試飲した人の92パーセントが購入すると答えました。上市後、ブランドの認知度は目標を50パーセント上回りました。そして成功の一番の証は、ブランドが導入されてからわずか1年で3つ目のフレイバーが追加されたことです。