Inject Hope(希望の注射) hero

Inject Hope(希望の注射)

薬物中毒を顔で表現する

Inject Hope

薬物蔓延の変化

オハイオ州のハミルトン郡ヘロイン連合が、世の中にメッセージを打ち出したいとランドーに依頼した際、彼らが予想していたのは広告キャンペーンでした。実際にランドーが行ったのは「中毒と戦うための全く新しい方法」―コミュニティ全体に対する希望の注射でした。

Inject Hope

身につまされる現実

地域住民のほぼ半数の人が、ヘロインの使用で影響を受けている人が身近にいると回答しました。この調査に参加した多くの人たちは、薬物が蔓延している中で生活するのは恐ろしく、無力感を感じると認めています。しかしそれと同時に彼らは中毒を、自分たちとは遠く離れた見知らぬ人が関わっている問題として語りました。この認識と現実との間のずれは、伝え方を考え直すことへの大きなきっかけとなりました。

Inject Hope: Putting a human face to addiction
Inject Hope

希望の注射

ランドーは、中毒者を悪者扱いする典型的な恐怖訴求キャンペーンとは大きく異なる方法を取りました。代わりに住民を教育し、Inject Hopeと呼ばれるロゴを重ねて表現するデザインシステムを通じて行動を促すことを選んだのです。

Inject Hope

隣の中毒者

このアプローチの中心は、薬物の蔓延を人の顔で表現することです。ロゴを重ねて表現したデザインは、ヘロイン中毒者が助けを必要としている普通の人―同僚、友人、隣人、親戚であるという事実を認識させました。恐怖と断罪に代わって理解と思いやりが広がり、コミュニティへの貢献が劇的に増加しました。

Inject Hope

広がる支援の輪

年間約200万ドル以上資金調達するというハミルトン郡の当初の誓約に続き、Inject Hope Regional Collaborativeは、教育、治療、予防のための資金調達を継続的に達成しました。

Inject Hope

オハイオ州、ケンタッキー州、インディアナ州ではこの活動が強く支持されており、最近6つの郡が加わりました。このプログラムの理念の下に、多数の地元団体が集まりリソースを調整し、ヘロイン中毒との戦いに奮闘する人々を勇気づけています。

Inject Hopeは、American Advertising Awards(米国広告大賞)ローカル部門において、3つの金賞および2つの審査員特別賞を受賞しました。