ガルーダ・インドネシア航空 hero

ガルーダ・インドネシア航空

不況の最中に増収を達成

JUN_3582

新たな高みに達する

ガルーダ・インドネシア航空は、インドネシアのフラッグキャリアですが、国際的ブランドというイメージに欠けていました。国内ブランドというイメージから脱却し、世界中から乗客を呼び込むため、ガルーダは「Indonesian hospitality」(インドネシアのホスピタリティ)というブランドのコアアイデアは維持しつつ顧客へのリーチを拡大するサポートをランドーに求めました。

JUN_3818

インドネシアのホスピタリティに命を吹き込む

ランドーはロゴだけでなくビジュアルアイデンティティシステムを一新し、「ガルーダはどこへ向かう人にもインドネシアのホスピタリティを提供する」というコンセプトを具現化しました。キーとなるデザイン要素は、インドネシアの国章であるガルーダ(鷲)。これを、図案化した羽「自然の翼」として形にし、新たな命を吹き込みました。このアイデアは、乗客の旅の始まりから終わりまで、すなわち飛行機の外装、内装、世界中の空港ラウンジ、搭乗券、制服、機内食に至るまで、一貫して表現されています。

Garuda_winglet

「ランドーが制作したガルーダ・インドネシア航空の新しい外装デザインは、ガルーダにとっても、インドネシアのイメージにとっても、美しくわくわくするものになりました」

スシロ・バンバン・ユドヨノ インドネシア共和国大統領
Ticket

決して立ち止まらない

リブランディングが大きな成功を収めたことにより、ガルーダはさらなる挑戦に挑む準備を整えました。富裕層の乗客を取り込むため、ランドーとともにファーストクラスをローンチしたのです。

Garuda_127

成果

  • 1年目に8,200万ドルの収益
  • 「International Airline Awards」により「最も改善された航空会社」に選出
  • Skytraxにより、世界第8位の航空会社に選出
  • Skytraxにより、4つ星を獲得