アゼルバイジャン hero

アゼルバイジャン

デスティネーションのブランディングから国のブランディングへ: 実際に体験してわかったこの国のアイデンティティ

目に見えない特徴を探る

アゼルバイジャンは、観光地としてよりも石油や絨毯で知名度の高い国でした。
しかし、この国にはもっと多くの見どころがあります。

古い寺院ときらびやかな摩天楼が対照的な街並、自然のままのスキー場や火山。
この国が持つ観光ビジネスの可能性を引き出すためには
人々をひきつける明確なブランディングが必要でした。

Brand launch video

イマジネーションをかきたてること

アゼルバイジャンの魅力を発信するためには、この国が他の国とはどう違うかを
実際に体験して確かめてみる必要がありました。

ランドーは即座にグローバルチームを結成し、2週間のツアーを行いました。
アゼルバイジャンという国を深く理解するため、この国の歴史や風景
文化や人々に実際に接することによりインサイトを導いたのです。

私たちはこれまでにない矛盾を毎日のように経験しましたが
まだ発見されていなかったアゼルバイジャンの魅力的な点を
今までとは違った視点で世界の人々に発信していくことが必要であるとわかったのです。

新たな視点で

ランドーは実際の体験を通じて、「別の視点で見る」ことにより
新しいビジュアルアイデンティティを開発できるという結論に達しました。
土地や文化を知るための新しい視点が魅力的に発信できるように
この国の2つの対照的な特性を一体化し視覚的にも表現したのです。

「別の視点で見る」ことにより、絶えず変化を続けるこの国から
様々な可能性を引き出すことができました。

アゼルバイジャンのビジュアルアイデンティティは
すぐに人々のあいだで話題になりました。
インスタグラムにアップロードされた公式の「別の視点で見る」コンテストは
現地の人々の想像力を大いに刺激し、アゼルバイジャンが誇る美しさや独創性
ユーモアが世の中に紹介されていったのです。

変わり続けてきた国

私たちは単にデスティネーションのブランディングをしたのではなく
アゼルバイジャンという国としてのブランド(アイデンティティ)を確立するための
サポートを行いました。

アゼルバイジャンの魅力再発見。