Landor’s トレンド・ウォッチ2

 〜 2018年ブランドが意識すべき5つのトレンド 〜 現象化その2

未来はすでに現象化している・・・。今後5年間、私たちを取り巻く環境は、これまでとは比べものにならないスピードで変化していきます。こうした動きは、特定の業界から発生するものではなく、複数の分野をまたぐクロスカテゴリーで、かつ想定しなかった形で現象化しています。この変化の過程で、様々なイノベーションが生まれ、想像し得なかったブレークスルーや革命が起こると言われています。

さて、ブランドは、そんな激変する世の中へどう対応していくべきでしょうか?明言できることは、プレイヤーがダイナミックに変化するということです。それは、対戦相手が既存の競合はもちろん、まだ見ぬ未知な存在が競合として新たに出現することを意味します。

Trend Watch 2018: The Next Five

今回のLandor’s トレンド・ウォッチでは、現在クロスカテゴリーで現象化している5つのパラダイムシフトを紹介します。それらがブランドビジネスにとってどのような意味を持つのか。変化という荒れた海を渡るブランドという船の羅針盤としてぜひ活用されてみてはいかがでしょうか。

現象化その2:台頭する「マーチャント・テクノクラート」

テクノロジーの波は、小売業界にもシフトチェンジを起こしています。“いつでもどこでも”の利便性を求め、SNSなどのコミュニティーで情報を交換・共鳴し合い、高いビジュアルにしか反応しない。こうした昨今の消費者は、自分が足を使って欲しい商品を探しに行くというスタイルから、手元にある選択肢からベストな買い物をする行動へ変容しています。今小売業に必要とされるのは、テクノロジーにより変化する消費者のニーズを理解するマーチャント(小売業)の姿、「マーチャント・テクノクラート」となることです。

何もかもがオンデマンド

foodpanda India TVC - Delivery Boy

「欲しい物を欲しい時に、今この場で手に入れたい」そう考える今の消費者は、その時感じた“欲しい”ニーズを満たすためなら、ブランドを変えることも厭いません。オンデマンドの概念は、いまや小売では当たり前の常識であり、よりタイムリーでワンストップとなるための更なる進歩がショッピング体験に求められています。
フードデリバリー業界(Grubhub、Deliveroo、Foodpanda等)や金融サービス(テンペイ、バークレイズ、Venmo等)、そしてSNS上での広告媒体(フェイスブック、ツイッター、ピンタレスト等)においても日進月歩の、イノベーションという名のレースが続いています。

広がるブランド体験

仮想現実や拡張現実の技術革新により、ブランドはこれまで以上に深く双方向的なブランド体験が提供できるようになりました。テスラ・モーターズの新車をVR試乗したり、部屋を汚すことなくリビングの壁の色を替えるなどはほんの一例です。WebVRのような新しいテクノロジーを利用すれば、パソコンのブラウザで欲しい製品をあらゆる角度から“手に取る”ことができるようになりました。ショッピングにおけるバーチャルリアリティ化は加速していく中で、店舗を構える小売ブランドは、店舗スペースを「販売」の概念に捉われない新しいアプローチによる活用方法を再考することが求められていきます。

イケアが提供する「IKEA Place」アプリでは、気に入った家具を自分の家に置いたレイアウトがプレビューでトライアルできるようになりました。また美容業界においては、ロレアルが「Makeup Genius(メイクアップジーニアス)」というアプリを提供し、購入前に製品をバーチャルで「お試し」する体験を提供しています。

ハイパー・パーソナライゼーション

予測分析、3Dプリンティング、リアルタイム・フィードバック、機械学習、DNA鑑定。こうした新しいテクノロジーにより、ブランドはプロダクトのパーソナライゼーションをより進化させることができるようになりました。プロダクトがカスタマイズできる選択肢が一つや二つではなく、より多く微細なポイントまで可能となることで、多様化した個人の嗜好にピンポイントでレコメンデーションし、購買へ繋げるチャンスが飛躍しました。

 

Trend Watch 2018: Vans

スニーカーのVansは、15分でカスタムデザインする靴を提供しています。スープの老舗、キャンベル・スープが売り出したゲームは、顧客のDNAデータを使って個人に合わせた食事のアドバイスやお勧めの味を教えてくれます。スポティファイやパンドラは、機械学習やアルゴリズムを活用し、リスナーの好みに基づいたプレイリストをレコメンデーションしてくれます。こうしたパーソナライゼーションの波はさらに加速し、より高度なもとになっていくでしょう。