マネージメントチームの紹介

Jane Geraghty

Jane Geraghty

チーフ・エグゼクティブ・オフィサー

ランドーのヨーロッパ・中東・アフリカ地域のプレジデントを経て現職に就任。4年以上におよぶプレジデント職においては、成熟したマーケットや急激に変化する新興市場において手腕を発揮し、メジャーブランドからプライベートブランドまで様々な実績を残してきました。
ランドーへの参画前は、サーチ・アンド・サーチ、マッキャン、オグルヴィ・アンド・メイザーにおいて20年以上にわたり広告やマスメディア分野で活躍してきました。ジェーンは、グローバルマーケットやカルチャーへの理解が深く、グローバル化に必要とされる地域横断的なチームづくりやクライアントとの信頼性の高いパートナーシップを構築する力に優れた強いリーダーシップを持っています。

Peter Knapp

Peter Knapp

チーフ・クリエイティブ・オフィサー

ピーターはグローバルマネジメントチームと密に連携しながら、ランドーのクリエイティブの方向性を定めています。専門分野は、インテグレーテッドブランディング、マージンググラフィック、3D、デジタル、トータルなカスタマー環境を生み出すためのエンゲージメントプラットフォーム。ランドーにおける社歴は20年以上におよび、幅広い業界の経験を蓄積しています。特に航空会社のブランディングにおいては、右に出る者のない専門知識を持つことで広く知られています。

Thomas Ordahl

Thomas Ordahl

チーフ・ストラテジー・オフィサー

トーマスはランドーの戦略部門のグローバルな責任者で、主要クライアントのプロジェクトを統括しています。Siegel + Galeでブランディングのキャリアをスタートし、いくつかのグローバルなブランドコンサルティング会社で上級管理職を歴任した後に独立して自分のエージェンシーを興し、さらにクライアント側でブランドマネジメントの責任者を務めた経験を持っています。今日のブランドが直面する課題についてたびたび記事の執筆やコメントを行っており、NBCの番組「Today」やニューヨークタイムズ、フィナンシャルタイムズで特集されています。

Tom Lightoller

Tom Lightoller

グローバル・コマーシャルアンドオペレーション・オフィサー

トムは、オペレーション効率化や各重要ステークホルダーとの関係構築をドライブする高いスキルを保有し、ランドーにおいて成長推進と業績促進を主眼に置いた財務・オペレーションを統括。ランドーの経営マネージメントチームと密に連携すると同時に主要マーケットへの深い洞察力を持って、財務とオペレーションの両側面を高水準へ引き上げるミッションを先導しています。現職参画以前は、レピュテーションマネジメント・ファームにてグローバルCFOを務めたほか、Interpublic Mediabrandsグループで8年間従事し、同社のグローバルマーケットにおいて大きな成長をもたらした実績を持ちます。

Tiffany Vasilchik

Tiffany Vasilchik

チーフ・グロース・オフィサー

ティファニーは、ランドーのグローバルネットワーク全体にわたる新規事業やマーケティングを含む成長戦略を統括。現職就任以前は、Prophet(ブランドコンサルティング会社)にてパートナーを、Fahrenheit 212やFaith Popcorn’s BrainReserve、そして自身のコンサルタント会社においてシニアポジションを務め、20年以上にわたるブランディングとマーケティングの深い知識を活かしたクライアントリレーションを牽引してきました。今後のランドーにおける成長を促進するキーパーソンとなっています。

Carol-Ann White

Carol-Ann White

チーフ・タレント・オフィサー

キャロル-アンはランドーの人事部門のグローバルな責任者で、すべての採用およびマネジメント戦略を統括しています。彼女の目標は、この業界で最も有能な人材を呼び寄せ、活躍し続けてもらうこと。前職のFitchおよびLewis PRでは高い業績を生むオフィス文化を確立するとともに、多様性と実効性を併せ持つクリエイティブチームを育て上げたことで高く評価されました。

Stuart Sproule

Stuart Sproule

北米地域 プレジデント

スチュアートは北米内のランドー ニューヨーク、サンフランシスコ、シカゴ、シンシナティのオフィスを統括しています。グローバルクライアントおよびインテグレーテッドマーケティングの豊富な経験を活かして、ランドーに貢献しています。前職でTBWA Digital Arts Networkのワールドワイドプレジデントを、AKQAのサンフランシスコおよび上海オフィスでマネージングディレクターを務めた経歴を持っています。

Luc Speisser

Luc Speisser

欧州地域 プレジデント

欧州地区のストラテジー・ディレクターを経てプレジデントへ就任。ルークは、10年以上にわたるランドーの経験を通じ、イノベーション的な戦略思考とエッジなクリエイティブを融合させることに成功し、多くの実績を残してきました。ランドーのパリオフィスおよびジュネーブオフィスではマネージング・ディレクターを務め、Airbus、BNP Paribas,Citroen、Danone、LVMH、MOndelez、Procter & Gamble、Totalなどのアカウントをリードし、チームのポテンシャルを引き上げていくことで大きな成功実績を作りました。Effie賞、カンヌライオンズ 国際クリエイティビティ・フェスティバル 賞、D&AD Pencils賞など世界のトップアワードを計67も獲得し、高い評価を受けています。

Emma Beckmann

Emma Beckmann

中東欧・中東・アフリカ地域 プレジデント

中東欧・中東・アフリカ地区における地域プレジデントに就任。クライアントへの比類なき包括的思考の駆使により手腕を発揮しています。ランドーのロシアオフィスのカントリー・ディレクターとしての成功土台ともなった、複数のオフィスや地域にまたがる複雑なプロジェクトを運営するスキルに優れています。20年以上にわたるランドーでの経験を通して、エマはランドーのハンブルクオフィスおよびモスクワオフィスの設立に貢献し、Aeroflot、BASF、Evraz、Procter&Gamble、Sberbankなどのブランディングを成功させてきました。

Nick Foley

Nick Foley

東南アジア・太平洋・日本地域 プレジデント

ニックは実践的なアプローチで、SEAPJ(東南アジア、太平洋、日本)地域を統括しています。ランドー入社前は、Marsおよびネスレで戦略的ブランドポートフォリオを管理していました。クライアント側での経験と、財務会計分野の学歴をベースとし、「ブランディングはビジネスに成長をもたらさなければならない」という現実的な信念を持っています。

Doris Ho

Doris Ho

大中華圏 プレジデント

ドリスは、中華圏におけるランドーの事業を統括するために、アジア太平洋地域のブランディングにおける貴重な専門知識をもたらしています。彼女は以前にインターブランドの中国オフィス設立を支援し、コンシューマーブランディングチームを率いていました。彼女はまた、デザインブリッジとTBWAにおいて消費者インサイトとイノベーションで広範囲に取り組んできた経験を持っています。ドリスはビジネスの大小に関わらず、適切性と実用性を兼ね備えたブランディングソリューションの提供に熱心に取り組んでいます。

Mary Zalla


Mary Zalla


コンシューマーブランド グローバル・プレジデント

メアリーは、ランドーのコンシューマー・ブランディングを統括しています。主要クライアントと手を携え、この分野におけるランドーの価値を強化・拡大しています。彼女のリーダーシップによって、シンシナティオフィスはブランデッドエンバイロメントおよびニューメディアの中心的存在となり、シカゴオフィスはランドー最大のクライアントのひとつを担当するまでに成長。デザイン、戦略、イノベーション、リサーチ、クリエイティブ、そしてビジネス組織にまでおよぶ領域で、幅広い業界に実績を残しています。