ニューヨーク (2017年9月13日) — 世界有数の戦略ブランドコンサルティング・デザイン会社であるランドーは本日、「2018年1月1日をもってジェーン・ジェラティがCEOに就任する」と発表しました。新CEOは2012年以来ランドーEMEAの社長を務め、グローバルエグゼクティブ・チームに名を連ねていました。年末までは現CEOのロイス・ジェイコブズが引き続きCEOを務めます。

Jane Geraghty

新CEOは顧客サービスとグローバルブランドにおいて20年の経験があり、サーチ・アンド・サーチ、マッキャン・エリクソン、オグルヴィ本社(ニューヨーク)など、欧米の一流広告会社に勤務してきました。ランドーに入社してからの6年間はアデコ、バイエル、BP、バークレー、BMW、イントゥなどのブランドプログラムの責任者を務めています。また、ランドー・イスタンブールの開設やロンドンのモーションデザイン・スタジオManvsMachineの買収にも携わっています。同スタジオの買収は高い評価を受け、ロサンゼルスにも事務所を開設しています。ランドーに入社する直前にはコミュニケーション・コンサルティング会社ネイキッドのロンドン事務所所長を務め、それ以前にはITVのコンテンツ開発担当ディレクターとして放送業界で仕事をしていました。

ジェラティCEOは次のように話しています。「ランドーのチームを率いることになるとは嬉しい限りです。ランドーには超一流企業のために素晴らしい仕事をする逸材が揃っており、今回の就任は実に名誉なことです。世界の動きがますます速くなるにつれて、選択肢は爆発的に増え、テクノロジーが私たちの行動を変え続けています。差別化におけるブランドの役割は、これまで以上に重要になっています。私たちがジェイコブズCEOのもとで行ってきた仕事のおかげで、今日のダイナミックな環境下でも、当社はチャンスを最大限活かせる絶好の立場にあります。私はそれを踏襲して仕事を進めてまいります。」

ジェイコブズCEOの在任期間中、ランドーは買収や有機的発展によって堅調な経済成長を遂げ、取り扱い業務の奥行を広げるとともに、全豪オープン、エティハド航空、フィデリティ投信、華為、ナイキ、メトロ・グループ、S&Pグローバルといった新規取引先を獲得することもできました。ランドーはカンヌライオンズを18回も受賞し、ここ数年で最多受賞回数を誇るブランディング・エージェンシーになりました。

ジェイコブズCEOは次のように話しています。「才能と情熱溢れるスマートなランドーの皆さんと協力しその責任者を務めたことは私のこれまでのキャリアのハイライトでした。ここ数年、価値あるブランドの創造と進化のアプローチを根本的に変えるという心躍る時を過ごしてきました。ブランドマネジメントのために当社が提供する新しいブランドコミュニティ・モデルが、われわれのクライアントをけん引する大きな力になりつつあり、新CEOは間違いなくこの勢いを持続させるでしょう。」

詳細については下記までご連絡ください。

Trevor Wade
Global Marketing Director
Trevor.Wade@Landor.com

会社概要

ランドーはブランドコンサルティング・デザインの世界的リーダー企業です。ダイナミックで日々変化する市場で力強く成長するアジャイルなブランドの構築を支援します。バークレーからBMW、タイドからタージに至るまで、トップブランドが「立ち止まることなく何かを象徴する」ことを可能にする仕事をしています。

ブランディング業務の内容は、戦略とポジショニング、アイデンティティとデザイン、モーショングラフィックス、ブランドアーキテクチャー、プロトタイピング、イノベーション、ネーミング、言葉によるアイデンティティ、調査・分析、環境・体験、エンゲージメントとアクティベーション、双方向・メディアデザインなどです。

ランドーは1941年にウォルター・ランドーが設立。今ではブランディング業界の標準となっている調査、デザイン、コンサルティングの方法を数多く開拓しました。今日、19カ国26カ所にオフィスを構え、世界的有名ブランド多数の仕事をしています。取引先には、バークレイズ、バイエル、BBC、BMW、BP、クラッカーバレル・オールドカントリーストア、フェデックス、GE、クラフト・ハインツ、華為技術、マリオット・インターナショナル、ナイキ、ペルノリカール、プロクター&ギャンブル、S&Pグローバル、サムスン、ソニー、タージグループなどがあります。

ランドーは世界最大のマーケティング・コミュニケーション企業WPPの傘下企業です。詳細はLandor.com、LinkedIn, Facebook, Twitter, Instagramをご覧ください。